大阪府・大阪市ー古本買取

ピエト文庫ロゴ1
ピエト文庫
古物商許可番号 第621031300645号
大阪府古書籍商業協同組合 加盟
フリーダイヤル1
 
HOME | blog | めっせ5日目最終日なんとか終了

ピエト文庫ー日常

 

めっせ5日目最終日なんとか終了

たくさんのご来場・お買い上げ、誠にありがとうございました。

起きたら翌夕方の5時で何も出来ず。手首と腰が痛い。 わたくしが元気ないためなのか、猫がピッタリ引っ付いて離れない。
 
NHK‐BS「ブレイブ 冤罪弁護士ー今村核弁護士」完全版
以前地上波のNHKでやっているのを観たけど
完全版という事で録画していたのを今頃観る。
 
有罪率99.9%の壁に果敢に立ち向かって
いるのが今村核弁護士。この回は放火と痴漢
の冤罪事件で前回の放送と同じ。
 
どこが完全版なのかなぁと思って観ていたの
ですが完全版では今村弁護士の身の回りの事
が収録されていた。あと、痴漢事件を有罪に
した裁判官の事が少し触れられていた。
日本の刑事裁判は絶望的。
 
印象に残っている部分は「先生は何の専門な
のですか?」の件で「佐々木さん(ディレク
ター)はどういう返事を想定していたのです
か?」という所。すごく困っている様子。
 
刑事案件をいくつも抱えていると生活が成り
立たず、やがて破滅する。本当にギリギリの
ところにいる様子。
 
「怒りで頭の中がいっぱいになる。」、「胸
に石がいくつも詰まっているような感じ。」
「生きていたくないなぁ」、「僕にも人生の
喪失感がある。」被告人の孤独と重なってい
くとの事。
 
自宅の本棚が映っていた。渡部保夫「無罪の
発見」がボロボロになるまで熟読されていた。
あと、「チャングム」に嵌ったとのこと。全
体的に温かみがあるから。
 
ネットではこの回は神回との事。なるほど。
今村弁護士もすごいが、ディレクターの取材
力も凄い。久々に本気のNHKをみた。
 
 
 


即売会
2018/05/06